受験生パックで、受験の宿泊ホテルを予約!

受験生パックで、受験の宿を宿泊予約するメリット

◆受験生パックでのホテル予約は、早いほうがおすすめ!

受験の宿泊ホテルは、早い人では夏のお盆頃から予約をすると言われます。
6月頃に受験要綱が各大学で順次発表になりますが、大学入試の日がわかったら、
すぐに予約を入れる人もいます。そこまで早くなくても大丈夫ですが、
秋ぐらいにはホテルを調べて予約を始めるのがSoccer Kingdomでもおすすめ!

宿泊予約には、JTBや日本旅行、じゃらんなどの「受験生パック」、「受験パック」、
JTB「受験生の宿」などを利用すると、確実です。こういうパックは、全国の多くの
シティホテルやビジネスホテル、高級ホテルなどと提携、部屋を確保しています

   >> じゃらん「受験生の宿」(公式HP)
           (会員になると次の旅行が安くなり、卒業旅行にも使えます!)

また「受験生パック」や「受験パック」、「受験生の宿」が紹介するホテルには、
『受験生プラン』というのがあり、受験当日のお弁当の用意・電気スタンドの貸し出しなどがあって、受験生にとって多くのメリットがあります。

「受験生パック」や「受験パック」、「受験生の宿」では、格安のビジネスホテルから
大きなシティホテル、高級ホテルまで、いろいろなホテルが「受験生プラン」を
出していますが、高級ホテルや大きなシティホテルの場合でも、その中の
より条件のいい部屋(たとえば安いとか、ダブルよりツインの部屋とか)から
埋まってしまうので、予約は早いに越したことはありません。ホテルの迷惑に
なるのであまりおすすめできませんが、最悪の場合にはキャンセルも効きます。


◆受験生パックでホテルを予約するメリット

1. 受験の入試日というのは限られています。同じ日にたくさんの人が
大学周辺のホテルの宿泊予約をするわけですが、旅行代理店のJTBや日本旅行、
近畿ツーリスト、じゃらんなどといった旅館・ホテルを手配する大手の企業が、
大学受験に条件のいいビジネスホテルと提携し、部屋を確保しています
特に東京・大阪・京都・名古屋・筑波・仙台など大きな都市ではその傾向です。
「受験生パック」や「受験パック」、JTB「受験生の宿」などでの予約が確実です。

2. 受験生を歓迎している、または受験生に慣れているホテルに泊まれます
旅行代理店のJTBや日本旅行、近畿ツーリスト、じゃらんが選んだホテルなので、
受験対応ができていますし、また受験日当日のお弁当の用意をしてくれるホテルも
多くあります。他にも加湿器・電気スタンドなど細かい希望に対応するホテルや、
地方の場合だと、受験会場まで送迎バスを出すホテルまであります。

3. 「受験生パック」や「受験パック」、JTB「受験生の宿」で予約をしたお客様には、
ホテルはとても気を使います。これはかつてホテルに勤めていた人の体験談ですが、
旅行パックでお預かりしたお客様ということで、一層の配慮があるようです


◆早稲田と慶応大学の両方を受験する場合の、おすすめホテル宿泊予約は?

東京で早稲田大学と慶応大学のいろいろな学部を受けるため、10日間以上
ホテルに連泊するという受験生もいます。そういう場合は、どこに宿泊
したらいいのでしょうか。

一番多いのは、どちらにもアクセスのいい駅周辺のホテルをひとつ決めて
そこに連泊するケースです。受験会場がわかっているといいのですが、時期が早くて
もし受験会場がまだはっきり分かっていなくても、山手線沿線で高田馬場と渋谷に
近い駅周辺のホテルに宿泊予約をする人が多い
ようですね。

早稲田大学の受験会場は、全て高田馬場周辺のキャンパスで行なわれます。
また慶応大学の受験会場は、学部と受験番号によって決まるようですが、
日吉キャンパス(渋谷から東横線)か三田キャンパス(山手線田町駅)です。

この全てに行きやすく便利なホテルは、山手線沿線の高田馬場、新宿、渋谷、
目黒などの駅周辺のホテルになるでしょう。

早稲田大学・慶応大学とあわせて、東京大学を受験する場合も、同じように
考えて決めるといいでしょう。

受験生パックで、受験の宿泊ホテルを予約!コンテンツ一覧

受験の宿について

大学別・受験の宿の選び方